七五三参りの解説と由来
 子供の成長を祝う行事で一般に11月15日に行われる。近年は15日を中心に11月中に行われる。七五三と称することは近世に始まったことで、三歳の男女児の「髪置(かみおき)」、五歳の男児の「袴着(はかまぎ)」、七歳の女児の「紐落(ひもおとし)」として行われた。
 髪置というのは、生児の髪は剃(そ)っているが、この日から髪を剃らずに残すことにすること。
 紐落は「帯解(おびとき)」ともいい、それまで付け紐で着ていた着物を帯で締めるようにすること。
 袴着は、「着袴(ちゃっこ」)ともいい、この日から袴を着用するようになること。
 これらの祝儀は公家(くげ)や武家の間に主として行われたが、近世になると江戸の町民の間にも行われ、氏神に参詣するようになった。しかし七五三の名でこの祝いが盛んになったのは明治時代の東京においてで、今日みるように子供に晴れ着を着せ、千歳飴(ちとせあめ)など買って帰ることが行われるようになった。
 
 七五三の祝いをなぜ11月15日にするかといえば、この日が旧暦の28宿中の鬼宿(きしゅく)といわれる最吉日であるからといわれている。また俗説では徳川綱吉(つなよし)の子息徳松がこの日に祝いをしたからともいう。しかし本来11月は農作業が終わって霜月祭を行うときにあたり、15日は多くの祝祭日のある満月の日であるため、この日が子供の成長を氏神に祈願する日として選ばれたとも考えられる。

 〈参考:小学館 日本大百科全書〉